お互いの信用


誰もが経験をしたことがあると思いますが、風俗店の受付で「当店のご利用は初めてですか?」というようなことを聞かれたことがあるはずです。受付だけでなく、女性の予約やデリヘル店を利用する際の電話でも同じようなことを聞かれたことはあるでしょう。正直なところ、たとえ初めてだとしてもこのようなことを聞かれるとあまり嬉しい気は決してしないのです。しかし、会員制の風俗店ともなればこのような煩わしいやり取りが一切なくなるのです。比較的値段の安い大衆店ともなれば、逆にこのようなやり取りは必要かと思われます。大衆店ということは間口を大きく広げているため、不特定多数のお客様が利用されるからです。ですが、会員制の風俗店というのはかなり高額な値段を取っているため、会員であるような人、もしくはそれに見合うようなお客様しか利用はされないのです。

そのため、在籍している女性もかなり質の高い女性でもあるのです。その大切な女性にキズがついたり、性病をうつされてしまってはお店もたまったもんではありません。これはお店の利益だけではありませんし、他のお客様の信用をも損なうことになります。そういったお客様の利用を断るがために会員制という手段を取っており、そのお店を利用するお客様も紹介という形がない限り初めて利用するお客様ではないということなのです。後、風俗店を利用するお客様にも色々な人が存在してきます。ギャンブルでたまたま大勝ちして利用する人、悪いことに手を染めている人などという人も中には当然いますが、一般的にはこのようなお客様のリピートはほとんど望めないといわれています。お店側も決しておいしくもありません。

ですので、会員制の風俗店では運転免許証やパスポートなど公的証明書の提示を求め、「反社会的団体に属していないこと」や「社会的に自活できていること」というものを確認しているのです。公的証明書を快く提示する人というのは社会的地位が高い証拠でもあり、お店側も頂いた情報は絶対に外部に漏れないようセキュリティ対策もしっかりしています。そういったお互いの信用があってこその会員制風俗店でもあるのです。最後に、会員制の風俗店で働く男性スタッフというのは、高級ホテルでも働けるかのような接客もしてくれます。一度来店して頂いたお客様の顔は一度で覚えるスタッフも多く、毎回来店する度にきちんと名前で呼んでくれるのはお客様側からしても気持ちの良いものでもあります。
これも一つの信用問題だといえるのではないでしょうか。